ブレーキをかけるのも大人の役目です。

こんにちは、ちあき快福堂です。

夏休みということもあって、こどもたちの調整が多くなっています。

少年野球をやっている子が続きました。

やはり、利き腕の肘が痛いという子が多いです。

夏季大会で試合が続くと連戦連投という子もいるようです。

軟式の少年野球の規則には投球回数の制限はあるようですが、球数
については規制はないようです。

個人差が大きいので一概には言えませんが、「7回までは投げても
大丈夫」ということではないと思います。

こどもが痛みや違和感を感じるようであれば、規定の回数以内でも
無理をさせないのも大人の役目です。

体の調整をしていても痛みをかばった動きをしている期間が長い子
は崩れやすいです。

成長期のこの時期は
・体全体を無理なく動かせる正しいフォームを身につける
・オーバワークにならないように気をつける
・競技の動きがしやすいように全身の調整、ケアをする
といったことを心がけたいですね。

暑い時期は試合や練習が続くと体力の消耗が大きいので、しっかり
水分補給をして、体調に気をつけて頑張ってください^^

……………………………………………………………………………….
一宮市 岩倉市 江南市の腰痛・肩こり改善なら

痛くない整体「安心の無痛整体」ちあき快福堂

痛くない整体・整体マッサージ・バランス調整で健康なからだ作り
のお手伝い

● 「ちあき快福堂」ホームページ
● 診療時間 8:15~19:00(土・祝 17:00まで)

● 定休日 日曜日

● 〒491-0804 愛知県一宮市千秋町佐野字弁財天浦3225-2

● TEL (0586)76ー5059
 「ホームページをみて・・・」とお電話下さい。

コメントを残す

このページの先頭へ